スタッフブログ

紅茶の8つの効能☆|2016/07/19

こんにちは!

からだ整骨院 伊丹院の山田です(^O^)!

本日は紅茶の8つの効能についてお話します。

 

item_lemonhearts_tsukigase_4

 

⒈抗酸化防止効果で成人病予防

抗酸化作用・血中コレステロールの抑制作用血糖上昇抑制・動脈硬化抑制作用が期待できます。

これらの作用によって、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

紅茶を摂取し続けると、ガンになりにくくなる効果もあります。

 

⒉ダイエットにも効果的

紅茶カテキン”には、糖分分解酵素があります。

また、“カフェイン”には、脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用があります。

 

⒊ビタミン・ミネラルの栄養補給

カルシウムやカリウム、ビタミンB1・B2、ナイアシンなどのビタミン類やミネラルが豊富に含まれています。

 

⒋殺菌作用

風邪の時期には、紅茶でうがいをすると、風邪ウイルスだけでなく、インフルエンザにも有効です。

しかも、出がらしで効き、即効性があるのです。

 

⒌口臭予防

紅茶カテキンによる、口臭予防を期待できます。

 

⒍歯垢防止や虫歯予防

テラフラビンや紅茶カテキン”には、歯垢を予防する効果あります。

紅茶に入っているタンニンには、歯のエナメル質の強化に役立つフッ素が含まれています。

 

⒎目の疲れをとる

紅茶をまぶたに塗ると、カテキンや各種ビタミンが作用して、疲れ目に効きます。

朝起きて、まぶたがはれてしまった時は、出がらしのティーバックをまぶたに乗せて冷やすと腫れがひきやすいそうです。

 

⒏リラックス

紅茶を飲むと、リラックスする、といわれていますが、脳波を取る実験結果があります。

それによると、紅茶の香りを嗅いだときから、脳はリラックスし始め、飲み終わると、更にリラックスが深くなります。

 

※注意

①空腹時には、飲まないほうがいいです。

→胃壁を荒らすことがあります。

②寝る前には、避けたほうがいいです。

→利尿作用と覚醒作用がありますので、眠りの質が悪くなることがあります。

③貧血の人は、気をつけましょう。

→ヘム鉄は大丈夫なのですが、非ヘム鉄は、タンニンと一緒にとると、吸収されにくくなります。

④安物の紅茶には、フッ化物というものが多く含まれています。

→このフッ化物は、長い期間摂り過ぎると、うつ病、疲労、体重増加、筋肉関節痛、コレステロール上昇、心疾患、骨粗しょう症などを起こしやすくなる可能性があるものなのでご注意下さい!

 

紅茶にはこんなにも沢山の効果があるのでお疲れの時はぜひ(*^^*)♡

お問い合わせ・ご予約

電話受付時間(平日)9:00~13:00/16:00~20:00(土曜日)9:00~13:00/15:00~18:00(日曜休診)

アーカイブ

ページ上部へ